車を買う!マル秘テクニック

下取り価格には注意?

クルマを買う時に、今乗っているクルマを下取りに出す事も多くかと思います。下取りに出すのはもちろん問題ないのですが、次の事に注意をしておきたいところです。

@新車の場合:新車を買う時の下取りは、営業マンが査定をして査定額を提示します。査定の仕組みは、販売店によっても違いますが、大体査定入力をして本社の査定係の人が値付けをするケースが多いです。基本的には中古車オークションデータを元に金額を出すのですが、ディーラーの下取りのメリットとしては、自社中古車センターで販売をすることもできる為、中古車センター長に相談をすれば査定額をアップしてくれる事もあるのです。買取相場よりもお得に下取り価格が出る可能性があるのは一番のメリットですね。

A中古車販売店に下取りで出す場合:こちらは善し悪しがはっきりとわかれる可能性があります。というのは、中古車買取相場をしっかりと把握している販売店の場合は、良い条件が出る事が多いのですが、あまり相場を把握していない中古車販売店も多いので、そういったところで下取りとして出すとかなり低い下取り価格になる事もあります。

Bクルマを買うところと違う業者に依頼をする場合:クルマを買うのと売るのをそれぞれ違う業者に頼む場合で、この場合のメリットは下取り価格(買取価格)が良い条件を出しやすいことです。しかしその反面、車を買う場合の値引きなどに無理が効かないケースが考えられます。

このように、それぞれ一長一短ですが、少しでも良い条件で車を買いたい場合には時間をかけて足を使って動く事も必要!と言えるのかもしれません。